2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

パソコンについてのトラブル解決はNJSパソコンサポートへ。

            お問い合わせは 03-3918-6337

2018年7月 4日 (水)

NEC VersaPro J VF-G 修理

2

水をこぼして電源の入らなくなった NEC VersaPro J VF-G 、 型番VJ18EFW21SZGSCOの修理作業を行いました。

水分が入って数日たっているため、マザーボードは広範囲に腐食が進んでしまっています。それだけならクリーニングで直る可能性もありますが、ボードの裏側には焼損した部分があり、キーボードとともに交換の必要があります。

3_2

元の環境やデータをそのままで使いたいというお客様のご希望から、マザーボードとキーボードを取り寄せて交換しました。ハードディスクには異常がなかったのは幸いでした。

これからの暑い季節、飲み物をこぼして持ち込まれるパソコンが増えてきます。万一、パソコンを使用中水分をこぼしてしまったら、すみやかに電源を切り(強制終了で可)、できればバッテリを外してなるべく早くパソコン修理業者にお持込ください。状態が軽度の場合はクリーニングで直るケースもありますが、時間との勝負です。

6_2

2018年6月28日 (木)

Let's Note CF-SX4 マザーボード交換

Img_20180619_134607

水ぬれのため電源が入らなくなったLet's Note CF-SX4 のマザーボード交換を行いました。

分解したところボディ底面から水分が入った跡があり、マザーボードにサビが出始めていました。マザーボードを取出してクリーニングして組立てテストしましたが、やはり電源が入らないままでした。同型のマザーボードを取り寄せて交換しました。ハードディスクには異常がなかったため、以前のWindows10環境やユーザデータもそのままの状態で納品させていただきました。

Img_20180620_143013

2018年6月16日 (土)

WindowsXP仮想化作業

 

Img_20180607_144613_4
法人様の案件で、WindowsXPのパソコンが古くなってきたため最新のWindows10に買い換えたいが、いくつかの業務用ソフトをそのまま使用したいとのご要望で、WindowsXPの仮想化作業を行いました。

新規のWindows10パソコンには500GBのSDDを増設し、元の1TBハードディスクからクローンをとって起動ドライブとしました。その後仮想環境をインストール。写真はWindows10の上でXPが起動している状態です。

SSDのため10の起動も速い上、仮想化したXPも元のパソコンより遙かに速く動作します。現在使っているパソコンの環境をそのまま使用したい、古いソフトが10では動かないなどといった場合には弊社までご相談下さい。

2018年6月 6日 (水)

ウルトラブックパソコンの内蔵バッテリ交換

Img_20180605_170008

バッテリ寿命のため充電できず電源も入らなくなったNEC VersaPro PC-VK17TGSNJのバッテリ交換を行いました。

いわゆるウルトラブックパソコンのため、バッテリ交換のためには本体の裏蓋を外す必要があります。バッテリもシート状のリチウムイオンのため、バッテリ入手も難しく高価です。
今回はあらかじめお客様からパソコンの型式を伺っていたため、純正のバッテリを取り寄せておき、パソコンをお持込いただいた当日には交換して納品となりました。
お仕事で使用されているパソコンなど、至急の修理対応も可能です。お困りの際はお気軽にお問い合わせください。

Img_20180605_174114

2018年5月29日 (火)

Lenovo E145 液晶パネルヒンジの修復

Img_20180527_121456 Img_20180527_123728

液晶パネルヒンジの破損したLenovo E154の修理を行いました。ヒンジのビスのボディ側左右すべてのナット受け部分が破損して、ヒンジが固定できていない状態です。

Lenovoのこのシリーズは元々ヒンジの受け側部分の強度が弱く、弊社でもしばしば修理に入ってきます。ここまで破損してしまうと底面ボディ全体を交換したり、ヒンジのビスを底面まで貫通させるような修理方法もありますが、これまでの経験から特殊な樹脂でヒンジ受け部分を再生する修理が可能です。修理費用も安く、納期も早いうえ、修理後は正常時のオリジナルのものよりしっかりした感触が感じられると思います。

Img_20180528_092506 Img_20180528_104742 他メーカーでもヒンジの破損しやすい機種があり、弊社ではいずれも外からわからないように修理できる可能性が高いです。この種のボディ関係の修理でお困りの方は、お気軽にお相談ください。

 

2018年5月26日 (土)

SONY VAIO Fit15 Windows10起動回復

Img_20180505_121620

Window10が起動しなくなったSONY VAIO Fit15 型番SVF15AC1CNの修理を行いました。

Windows8.1からのアップグレードですが、自動修復ではトラブルが解決しません。ハードディスクにエラーがないことを確認して修復作業に入ります。エラーがある場合、ソフトウェアの修復を行うとかえって症状が悪化する場合があります。

今回はWindows updateによるトラブルでした。起動ファイルの修復を行い、Windows環境もユーザデータもそのまま起動回復しました。

Img_20180506_092136

Windowsが起動しない場合でもリカバリせずに修復可能な場合があります。弊社ではパソコン修理やデータ復旧など、店舗へのお持込や、宅配便でのご送付については診断、お見積りまでは無料で行っております。お気軽にご連絡下さい。

2018年5月22日 (火)

Lenovo IdeaPad U300p マザーボード交換

Img_20180506_092536
キーボードに水をこぼして電源の入らなくなったLenovo IdeaPad U300pのマザーボード交換を行いました。

マザーボード修理も可能ですが、時間も早く金額も安いのでお客様とご相談の上、交換しました。

元のCPUはcore i3ですが、取り寄せたマザーにはcore i7が載っていました。マザーボードの型番は全く同じ。熱の問題などが心配でしたので、しばらく負荷をかけて動作させましたが問題がなかったため納品となりました。キーボードもクリーニングで直りました。

データ不要とのことでしたのでWindows10をリカバリー、4月末のWindows10大型アップデートをかけておきました。コンパクトで軽く、ハイブリッドハードディスクのため起動も速いマシンとして復活しました。

2016年1月31日 (日)

Lenovo Think Center M72e Tiny ハードディスク交換

20160131_

Lenovo Think Center M72e Tiny のハードディスク交換を行いました。

ある企業様で2年ほど前に導入したパソコンですが、Windows7が起動しなくなったということで訪問しました。デスクトップパソコンながら、ご覧のように非常に小さな個体でディスプレイの後ろに取り付けられるようになっています。

診断したところハードディスク障害と判明。ハードディスクの使用時間が16,000時間を超えているため、最近のディスクとしては寿命といえるかもしれません。

ハードディスクはノートパソコンで使われる2.5インチ、容量は500GBです。パソコンをお預かりしてディスクを取り出し、新しいディスクにクローンコピーを取ります。不良セクターが多くコピーに時間はかかりましたがなんとか上手くいって、故障前の環境とデータをキープしたままWindows7が起動しました。

他にも同じパソコンが何台かありましたので、ハードディスクの検査ソフトをインストールして時々チェックして頂くことにしました。ハードディスク障害の程度によってはWindowsの再インストールが必要な場合もあります。早い段階でディスクエラーが分かればデータ移行や再設定をする必要もありません。

2015年8月12日 (水)

ASUS S550C キーボード交換

20150812

ASUSのS550Cキーボード交換を行いました。写真で分かるようにキーボードに飲み物をこぼしてしまい、キーのいくつかが効かない状態でした。

15.6インチ液晶のサイズですがウルトラブックだけあってボディは薄いです。キーボードは最近流行のアイランド型キーボード。分解する前から面倒な予感はしていましたが、通常のキーボードなら周囲のツメや底面のビスを外せば取り出せますが、この手のキーボードの交換はやっかいです。特にこのASUSの場合、キーボードが数多くのプラスチックの突起で留められています。

それをひとつづつ外していくのですが、取り付ける場合突起がとれてしまい、そのままではキーボードが完全に固定できません。接着剤でつけてしまうと次回の修理が難しくなってしまいます。今回はホットボンドで慎重に固定しました。その後、エラーの出ていたハードディスクを交換、元のディスクからクローンコピーを取り、キーボードやWindows8の動作確認を行いました。

2015年3月19日 (木)

Lenovo ThinkPad X300の冷却ファン交換

20150319_2 レノボ・シンクパッドX300の冷却ファンユニット交換を行いました。

Windows Vistaのマシンですが、起動するとファンの音が大きくときおり異音がするということでした。早速診断すると、もともとCPU負担の高いマシンで、原因はセキュリティソフトになるようです。そのためCPUファンも常にフル回転している状態のため故障したようです。

早速分解してファンとヒートシンク一体型の部品を純正部品と交換します。ファンだけの交換も可能ですが、お客様のご希望でヒートシンクごと交換しました。

修理後動作確認して当日中に納品させて頂きました。あらかじめ部品を用意できればこのような対応も可能です。

«SONY VAIO PCV-A1116N/VPCL138FJのハードディスク交換